最終形態

 

変わらないことに安心感を抱いてはいけない。変わってしまったことを悲しんではいけない。大事なのことは共に変化をすること。

どちらかが置いてけぼりになったり、別々の道へ行くことを、私たちは憎みながら許しながら生きていかなくてはならない。